手汗・足汗は抑えられる。「テサラン」で思春期子供の手汗対策

手汗・足汗による具体的な悩み

私は子供の頃から、とにかく掌(てのひら)に汗をかく子供でした。子供の頃って大人よりも誰かと手をつないだりすることも多かったし、授業で使う紙類(特にわら半紙!)も他の子と違ってすぐシワシワになりました。今までの手汗人生で具体的に困った事と良かった事を書き出してみます。

困った事と良かった事

  • 紙がすぐにしっとりする
  • 手をつなぐのをためらう
  • マウスやキーボードの汚れるスピードが速い
  • 滑っていろんな蓋が開けにくい
  • 手に水泡ができる
  • ハンカチよりはハンドタオル派
  • 皮製品は苦手
  • バッグの持ち手が臭い
  • 砂やほこりが手につきやすい
  • 動物をなでると毛がついてくる
  • ネイルサロンに行きにくい
  • ピアノの黒鍵で滑る
  • サンダルが滑って歩きにくい
  • 汗で靴下の色がかわる
  • 裸足で歩くと汗で音がする
  • レジ袋が開けやすい
  • お札が数えやすい

振り返ってみて、良かった事があっただけ救われました(笑)

手汗はどうやって抑えれば良いのか

まず、汗をかくこと自体は悪いことではありませんよね。ただ、必要以上に出てしまっているので私たちは困っているわけです。つまり、汗が出てくる量が減らしたい!ということです。汗はご存知の通り、汗腺(かんせん)からでてきます。この腺をキュッと引き締めれば、汗の量は減るはずです。蛇口と同じで出口が小さくなれば、出てくる水分の量も減りますもんね。

皮膚科に相談してみる

汗腺を引き締め効果で有名なのが、皮膚科でも良く処方される塩化アルミニウム溶液です。もちろん効果はあり、お医者さんが処方してくれるので一人ひとりにあった濃度で処方してくれます。ただ、私には濃度が強すぎたのか乾燥して痒みが出でしまったことと、水分なので使用料の扱いや持ち運びが難しい点でした。 一般的な皮膚科でももちろん処方してくれますし、多汗症治療の専門医院もありますので相談してみるのも◎。

皮膚科を嫌がる思春期な子供

私の多汗症を引き継いでしまった様子の子供。 多汗症の遺伝はまだはっきり分かっていませんが、遺伝することも考えられるらしく子供の手汗に対しては自分と違い、かなりセンシティブな問題になってしまいます。今は、何が原因でいじめに繋がるかわかりませんし自分ではどうにもできない体質問題ですから悩まなくても済むことは親として未然に防いであげたいと思います。 ある日私が察して、「何気なくお医者さんに行ってみる?」と聞いたところ、予想していなかった答えが・・・「病院で誰か(知り合い)と会ったらどうするの?」と言われてしまいました。やっぱり思春期の子供にとっては恥ずかしさを覚える症状らしく病院にいけない日々が続いていました。そこで見つけたのがテサランです。

クリーム「テサラン」を使ってみる

皮膚科に行く時間がない方や塩化アルミニウムが合わなかった方、また周りの目が気になって病院に行きづらい方におすすめなのが、手汗対策クリームの「テサラン」です。もちろんて手以外にも使えます。

手汗対策クリーム「テサラン」とは?

テサランとは、株式会社Global_Style_Japanが出している、手汗対策クリームです。 見た目もご覧の通りなので、持ち運びで人の目に触れても普通のハンドクリームです。内容量は25gと少なめなのですが、1回の使用量は米粒大なので1日2回くらいの使用で3か月程度持ちます。お値段は4,378円/1本

公式ホームページへ

子供も使える低刺激・成分は?

無添加をうたっている商品です。パラベン・鉱物油・合成色素・紫外線吸収材・塩化アルミニウムは入っていません。主な成分は、クロドヒロドキシアルミニウムです。 同じ制汗作用のある成分として塩化Al(塩化アルミニウム)と比較されますが、塩化Alは作用や刺激が強く、そのために現在では使用が減少傾向です。クロルヒドロキシAlは塩化Alよりも作用・刺激ともに緩和なため、化粧品などでも広く使用されています。 クロドヒロドキシアルミニウム について大変詳しく書かれているサイトを見つけたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連サイト:化粧品成分オンライン

他にも、抗菌や保湿目的から下記の成分も含まれています。下記のアレルギーをお持ちの方は別途注意していただきたいと思います。

まとめ

今回は、手汗を緩和できるアイテムを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました